腕時計は、実用性が一番。時間表示などの盤面が見やすいのが好き。

| コメント(0) | トラックバック(0)
私は、腕時計にはこだわりがあります。

メーカーや、ブランドでは、ありません。

自分にとって、使いやすいか、悪いか、です。

普段使いの腕時計は、実用性が一番です。

起きている時は、ほぼつけっぱなしで、扱いが乱暴なのか、すぐに、バンドが傷んだり、電池が切れたりしますので、お手頃価格の物を使い、壊れたら、買い換えるという事を繰り返しています。

手首が細いので、長さが調整できるものがいいのです。

その為、最初は、革バンドのものを使っていました。

そして、文字盤は、小さめでもいいのですが、ローマ数字や、点での表示ではなく、読みやすい数字の物が好きです。

そして、盤面や、バンドに、ワンポイントの装飾や色で、さりげないお洒落が入っているものが好きです。

しかし、革バンドの物は、扱いが乱暴なのか、直ぐに切れてしまいます。

バンドを取り替えるのなら、買い換えた方が安いのです。

私にとっては、普段使いの腕時計は消耗品です。

金属でできた、ブレスレット型の腕時計を使った事もありましたが、手首にフイットせずに、ぶらぶらするので、色々な作業をするのに、不都合です。

しばらく前に購入した、金属製のバンドで、長さが調整できるものが使いやすかったのです。

普段は電池が切れる前に、次の品を買っていたのですが、この時計は使いやすく、電池が切れるまで使えました。

が、他の品に買い換えたところ、やはり使いづらいと感じました。

結局、今までの時計の電池を変えて、使い続けています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.haircolorranktake.com/mt/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwa2010が2013年10月15日 13:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スカーゲンの時計」です。

次のブログ記事は「腕時計、それは結婚指輪より必要なもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。