イラストレーターという職業で、10年間働いています。

年々お仕事が減っていき、子供も小学生に上がって習い事も増えて、旦那さんのお給料だけでは、貯金が出来ないので、外で働く事にしました。

学校の非常勤講師にエントリーしていたら、面接に受かり、技術面もパスして、晴れて採用されました。

いざ授業が始まって、しまった...と思った事。

講師って、腕時計が無いとダメだと思いました。

1コマ90分を考えながらの講義や指導で、いつも一人で絵を描いている時は、時間配分とは無縁な生活をしてきたのですが、時計が無いと、学生全員の作品を見てあげられなくて、初日、タイムアップになってしまいました。

初日が大失敗しました。

「と、時計、必要...!」と思い、帰り道、すぐにデパートの時計屋さんに駆け込んで、腕時計を購入しました。

学校なので、シックで、自分の好みで、秒針の物。

高校生以来でした。


絵を描く仕事なので、いつも指輪を外している私ですが、(紙を抑えたり、色々と邪魔になるのと、汚れるので)付けてみると、ピシッと身がしまった思いがして、よし、がんばるぞ!

という気持ちにさせられます。


次はここの時計を旦那さまにもプレゼントしたいなと思ってます!

私は、腕時計にはこだわりがあります。

メーカーや、ブランドでは、ありません。

自分にとって、使いやすいか、悪いか、です。

普段使いの腕時計は、実用性が一番です。

起きている時は、ほぼつけっぱなしで、扱いが乱暴なのか、すぐに、バンドが傷んだり、電池が切れたりしますので、お手頃価格の物を使い、壊れたら、買い換えるという事を繰り返しています。

手首が細いので、長さが調整できるものがいいのです。

その為、最初は、革バンドのものを使っていました。

そして、文字盤は、小さめでもいいのですが、ローマ数字や、点での表示ではなく、読みやすい数字の物が好きです。

そして、盤面や、バンドに、ワンポイントの装飾や色で、さりげないお洒落が入っているものが好きです。

しかし、革バンドの物は、扱いが乱暴なのか、直ぐに切れてしまいます。

バンドを取り替えるのなら、買い換えた方が安いのです。

私にとっては、普段使いの腕時計は消耗品です。

金属でできた、ブレスレット型の腕時計を使った事もありましたが、手首にフイットせずに、ぶらぶらするので、色々な作業をするのに、不都合です。

しばらく前に購入した、金属製のバンドで、長さが調整できるものが使いやすかったのです。

普段は電池が切れる前に、次の品を買っていたのですが、この時計は使いやすく、電池が切れるまで使えました。

が、他の品に買い換えたところ、やはり使いづらいと感じました。

結局、今までの時計の電池を変えて、使い続けています。

スカーゲンの時計

| コメント(0) | トラックバック(0)
スカーゲン 時計が発売している女性向けモデルの中でとりわけエレガントな雰囲気をかもしだしているのですがます。そのモデルは456SRLTと言う型番で知られています。このモデルがそれほどエレガントで豪華であると評価されるには理由があります。例えばケースに注目することができますが、ケースのベゼルには美しいクリスタルの装飾が施されています。またケースのカラーにピンクゴールドを使っているというの理由の1つです。まだ文字盤のインデックスにバー形やアラビア数字を使うのでなく、スワロフスキーをあしらっているのも豪華さの秘密です。また文字盤カラーはパールホワイトにしその上の指針はピンクゴールドにすることで美しいカラーアクセントつけています。さらに時計のベルトは金属製ではなく、柔らかくて使いやすいホワイトのレザー製ベルトを付けています。このモデルのケースの大きさは直径が約30ミリありケースの厚みは6.8ミリとなっています。しかし時計のベルトをレザー製にすることによって、大変時計が軽くなっておりわずか重量は18グラムしかありません。